ミョウバン水で体臭対策は万全

モテる女の小悪魔な恋愛術−タイトル

【ミョウバン水で体臭対策は万全】のページです。ご存知の方も多いと思いますが、ミョウバン水は消臭・制汗に効果がある天然のデオドラント剤です。自宅で簡単に作れるうえ、その実力は折り紙つき!ぜひ、試してみてくださいね。

ミョウバン水は万能コスメ

小悪魔なのに脇の臭い…足の臭い…それじゃ、男が寄りつきません><

でも、意外と気が付かない自分のカラダの臭い…市販の消臭・制汗剤だけで乗り切れるかどうか?ちょっと心配ですよね。

そこで今回は、消臭・制汗対策として人気が高いミョウバン水を紹介します。ミョウバン水は、古くから天然のデオドラント剤として世界各地で使用され、誰でも自宅で簡単に作ることができる万能コスメなんです。もちろん!その効果もバツグンですよ。

実際、市販の消臭・制汗剤よりも効果が持続するという女性も多く、朝出かける前にミョウバン水をつけ、そのまま夜自宅に帰るまでのまる1日、みごとに効果が持続する人も少なくないようです。最近のオーガニック化粧品のブームも手伝って、ミョウバン水は天然化粧品として、3年ほど前から人気があります。

では、なぜミョウバン水はそんなに人気があるのでしょうか?ミョウバン水の作り方を説明する前に、そもそもミョウバン水とは何なのか?どんな作用があるのか?この点について簡単にお話しますね。

●ミョウバン水とは?

ミョウバンは食品添加物として漬物やベーキングパウダーに使用されているもので、スーパーや薬局では、60g〜70gで100円程度で売られています。じつは、このミョウバンには、殺菌作用、制汗作用、収斂作用があり、これが消臭・制汗、美肌に有効に働く原因だとされています。

ちょっとわかりずらいので、もう少し詳しく説明しますね。

【菌の発生を抑える作用】

脇ガ臭や足の臭いなどの体臭は、汗などの分泌物を表皮の細菌が分解することによって発生します。しかし、ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、細菌の増殖を抑制し、臭いを抑えることができます。

【汗を抑える作用】

詳しいメカニズムは解明されていないのですが、ミョウバンは臭いの素となる汗を抑える作用があります。

【臭いを消す作用】

臭いの原因である汗の成分はアルカリ性ですが、酸性のミョウバンと化学反応することで臭いを中和し消臭します。とくに、悪臭の原因であるアンモニアはアルカリ性なので、このミョウバンと強く反応するため臭いを消すことができまです。

【お肌を引き締める作用】

ミョウバンにはお肌を引き締める作用があります。収斂作用によって肌を形成しているたんぱく質から緻密な保護膜を作ることで、お肌の表面にある角質層をツルツル、スベスベに引き締めてくれます。

以上がミョウバン水の主な作用です。ミョウバン水は消臭・制汗だけでなく、収斂作用を利用して美肌水として利用している女性も多いようです。実際、ミョウバン水を子供のアトピーの治療にすすめるドクターも多く、その実力は折紙つきです。

あとで作り方を説明しますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

●ミョウバン水の使い方

ここでは、ミョウバン水の主な使い方について説明します。

ここで紹介する以外にも、あなたのアイディア次第で、ミョウバン水の使い道はいくらでも広がると思います。よいアイディアがあったら、ぜひ実践してみてください。

【消臭・制汗剤】

ミョウバン水をスプレー容器に入れ、脇や足など臭いの気になるところへ使います。また、洋服、靴、バックなどの消臭にも便利ですよ。

【ニキビの予防・解消】

毎朝、ミョウバン水で洗顔するだけでニキビを予防・解消することができます。

【お風呂の入浴剤】

原液を30〜50ccくらいお風呂に入れて、ミョウバン浴をすると肌がすべすべになります。ミョウバン浴は、体臭をおさえる働きがあるうえ、汗がさっと引き、あせも、水虫、さらには子供のアトピー性皮膚炎にも効果があると言われています。

【お肌のケア】

ミョウバン水にグリセリンを少し混ぜる(小さじ1/2くらい)と保湿効果、また、原液にグリセリンを多めに混ぜる(小さじ2くらい)とお肌がスベスベになります。

以上がミョウバン水の主な使い方です。もし、香りがほしい場合は、ミョウバン水にエッセンシャルオイルを加えるとよいでしょう。ただし、エッセンシャルオイルを使う場合は、よく効能を把握したうえで使ってくださいね。

例えば、レモンのエッセンシャルオイルは脇の下以外へは使用しない(光毒性があるため)など、よく調べてから使ってくださいね。

それでは、いよいよミョウバン水の作り方を説明します。

●ミョウバン水の作り方

焼きミョウバン50gを水道水1.5リットルで溶かしたものをミョウバン水原液と呼んでいます。基本的には、この原液を20〜50倍程度の水道水で薄め、お肌に塗って使いますが、原液のまま使うこともあります。

以上がミョウバン水原液の作り方です。通常は、この原液を20〜50倍程度の水道水で薄めて使うことが多いので、次にこの点について説明します。

●ミョウバン水原液の薄め方

ミョウバン水原液はそのまま使うこともできますが、消臭・制汗剤として使ったり、毎日の洗顔で使う場合には原液を薄めて使います。

以上がミョウバン水原液の薄め方です。薄め方には個人差がありますので、刺激が強いと思ったら、さらに薄めて使用してください。

●脇、足の臭い、制汗にも効果的

出来上がったミョウバン水は、脇や足の臭い、制汗などのデオドラント剤としても効果を発揮します。いや、むしろ下手な市販のデオドラント剤より、ミョウバン水を使った方が個人的には効果が高いと感じています。

最近では、ミョウバンを原料に使った制汗剤や除菌・消臭剤がネット販売などでも人気がありますよね。殺菌作用、制汗作用が高いミョウバンは、デオドラント剤としても注目を集めているお墨付きの天然コスメというわけです。

また、ミョウバン水を脇や足の制汗、臭い対策といったデオドラント剤として使う場合、より効果を発揮させるためにも次のページに一度目を通しておかれることをおススメします。

■わきが、脇汗、臭いの原因とその対策

■足の臭い対策!原因を知ってシッカリ解消

この2つのページは、ネット上の様々なメディアで参考記事として取り上げられることが多い人気ページです。ちょっと長い記事ですが、きっと新しい発見があるかと思いますので、ぜひ読んでみてください。

どうですか?ミョウバン水。脇や足の臭いなどの体臭対策にはもちろん、ホントに便利な万能コスメですので、ぜひ試してくださいね。

ただし、最初は腕の内側など目立たないところに塗ってみて、トラブルが発生しないかよく確認してから使ってください。 また、万一、かぶれや痛みが生じた場合には、すぐに使用を中止して医師に診てもらってくださいね。

そうそう!薄める前のミョウバン水原液は、冷蔵庫に保存すれば1ヶ月くらいは保存できますよ。しかし、数百円で作れる安いコスメですし、衛生面を考えると1〜2週間に1回は、新しいものに作り替えることをオススメします。

【脇の臭いで悩んでいる人へ】

それと、脇汗の臭い、わきが体質で臭い対策に悩んでいる方は、ぜひミョウバン水と併せて、「ラポマイン」というデオドラント商品を試してみてください。

わきが専用ジェル「ラポマイン」の公式サイト

「ラポマイン」は、わきが専用につくられたデオドラント商品で、@コスメのクチコミランキングで第1位を獲得した商品です。私も「ラポマイン」の販売元からサンプルを頂き実際に使ってみましたが、個人的な感想では、数あるデオドラント商品の中で「ラポマイン」を超えるものはない!と言っても過言ではないと思っています。

ちなみに私は、広告主様から商品レビューを依頼され、今まで数多くのデオドラント商品を実際に試してレビューしてきました。その中には、楽天、アマゾンなどで、高評価を得ている商品もたくさんあったのも事実です。しかし、そのどのデオドラント商品と比較しても、私の中では今のところ「ラポマイン」を超える商品は存在しておりません。何だか少し大袈裟に聞こえるかもしませんが、そのくらい私にとっては衝撃的なデオドラント商品だったわけです。

「ラポマイン」についての詳しいレビューは、次のページの後半、「私が衝撃を受けたラポマイン」で写真付きで詳しく掲載しています。

■わきが、脇汗、臭いの原因とその対策

「ラポマイン」は、わきが専用のデオドラント商品ですが、もちろん通常の脇汗の臭い対策としても使えます。実際、私はわきがではありませんが、脇のエチケットとして「ラポマイン」を使っています。「ラポマイン」の殺菌、消臭効果は非常に優れているので、脇の臭い対策全般におススメします。

【人気ランキング】

人気ブログが男の本音、男心を鋭く暴露。当サイトもランキングに参加してます。

小悪魔ヴィジュアルの秘密−トップへ戻る

【脇の臭い対策 - ラポマイン】

Copyright (C) 2006 - 2013 モテる女の小悪魔な恋愛術 All rights reserved.
【免責事項】当サイトの利用に伴う損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

モテる女の小悪魔な恋愛術−サイドメニュー
モテる女になる方法と条件
モテる女のプチ美容術
小悪魔な恋愛テクニック
小悪魔ヴィジュアルの秘密
小悪魔メイクの方法
恋愛相性診断チェック
恋愛アンケート集計
男心を読み取る心理分析
男心をくすぐるラブコスメ
モテ子のメールテクニック
デートで彼を射止める秘訣
恋バナ掲示板@2ch風
話題の人気恋愛サイト
スマートフォンサイト
お問い合わせ
トップページへ戻る
よく読まれているモテ記事
よく読まれている美容記事