恋の達人は彼との無駄なケンカを避る

モテる女の小悪魔な恋愛術−タイトル

【恋の達人は彼との無駄なケンカを避る】のページです。恋人同士にケンカはつきもの。多少のケンカなら気にすることはありません。でも、お互い険悪ムードを引きずるようなら話は別!取捨不可能になる前にうまく手を打ちましょう。

彼とのケンカを未然に防ぐコツ

彼との交際も長くなると、どうしてもケンカの回数も増えてきますよね。

ある意味、ケンカは仲の良い証拠ですから、たまにするのは仕方のないこと!ケンカの始めどき、終わりどきを熟知している恋人同士なら、険悪なムードを引きずることもないでしょう。

しかし、どうでもいいことがきっかけのケンカは、お互いできるだけ避けたいところです。つまらないケンカで無駄にエネルギーを消費するのは馬鹿らしいですからね。

それに、あまりケンカの回数が増えると相手の嫌な部分ばかりがクローズアップされて、せっかくの恋も醒めてしまいます。

そこで、なんとかケンカの回数を減らせる方法はないものかと、私なりにいろいろ考えてみましたが、どうやらその方法はひとつしかないようです。

ある程度、忍耐が必要になりますが、彼とのケンカを本気で改善したいと考えている人は、ぜひ実践してみてください。はじめは辛いですが、効果はバツグンです!!

まず、7日間だけでよいです!彼とケンカになりそうになったとき、相手の話に耳を傾けてあげてください。

「もうヽ(*`Д´)ノ 勝手なことばっかりいってぇ〜」、と怒りたくなる気持ちは十分わかりますが、そこを7日間だけ辛抱して、できるだけ彼の望みを叶えてあげる方向で物事を考えてみるんです。

まぁ、そうは言っても毎日がケンカというカップルの場合、最初の3日位は彼も言いたい放題ですから、おそらくあなたは爆発寸前になるでしょうね。ホント!ムカつくし、正直、忍耐の極限状態との戦いになると思います。

でもね、辛いのは、この3日間だけ!

4日目以降は、徐々に彼の口数が少なくなってきて、あまり無理なことや自分勝手なことを言わなくなってきます。なんとなく無口になった感じがするかもしれませんが、余計なことは話さず、自然な感じで優しく彼に接してあげてください。

じつは、彼が無口になった感じがするのは、いままでケンカの種になっていた余計な言葉?を彼が言わなくなったからなんです。おそらく彼も、あなたの態度の変化に気が付いているんですね。

きっと彼だって、このままじゃいけないって、頭の片隅では考えていたんだと思いますよ。でも、どうしても自尊心が邪魔をして、素直になれなかっただけなのかもしれません。実際、そういう男性って多いですよね。

人間なんて不思議なもので、ちょっとしたチャンスがあれば、変われる人って大勢いると思うんです。でも、そのチャンスを見出すことが難しくて、なかなか一筋縄では行かないところがあるのでしょうね。

でも、そこを何とかガンバッテ、直向に自分を変えようと努力すれば、あなたの周囲も自然と変わっていくものなんです。

「自分が変われば、自分の周りの世界も変えることができる!」

成功哲学で有名なナポレオン・ヒル博士が残した言葉ですが、この言葉は恋人同士の関係を改善する上でも役に立つ言葉です。

まずは、自分が変わる!スタート直後は辛いですが、とにかく騙されたと思って7日間だけ頑張ってみてください。

おそらく7日後には、彼とのケンカの回数は激減しているはずです。それどころか、以前よりもラブラブな関係に発展しているかもしれませんよ♪

もともとはお互い好きで交際をはじめたふたりです。ほんの少しだけ相手を思いやる気持ちと、理解する気持ちを持てば、つまらないケンカが原因で、破局してしまうようなカップルにはならないと思いますよ。

【スポンサー広告】
恋愛心理カウンセラーの大好きな彼があなたと結婚したくなる本
浮気、倦怠期を乗り越えゴールインするために、男の本当の生態から女性自身が陥る欠点までを分かりやすく解き明かします(水希)

【人気ランキング】

人気ブログが男の本音、男心を鋭く暴露。当サイトもランキングに参加してます。

モテる女になる方法と条件−トップへ戻る

Copyright (C) 2006 - 2013 モテる女の小悪魔な恋愛術 All rights reserved.
【免責事項】当サイトの利用に伴う損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

モテる女の小悪魔な恋愛術−サイドメニュー
モテる女になる方法と条件
モテる女のプチ美容術
小悪魔な恋愛テクニック
小悪魔ヴィジュアルの秘密
小悪魔メイクの方法
恋愛相性診断チェック
恋愛アンケート集計
男心を読み取る心理分析
男心をくすぐるラブコスメ
モテ子のメールテクニック
デートで彼を射止める秘訣
恋バナ掲示板@2ch風
話題の人気恋愛サイト
スマートフォンサイト
お問い合わせ
トップページへ戻る
よく読まれているモテ記事
よく読まれている美容記事