足の臭い対策!原因を知ってシッカリ解消

モテる女の小悪魔な恋愛術−タイトル

【足の臭い対策!原因を知ってシッカリ解消】のページです。1日コップ1杯の汗をかくといわれる足。ニオイ…気になりますよね。でも、じつは汗そのものは無臭なんです。では、なぜ臭うのか?臭いの原因と対策、解消方法をお話します。

足の臭いは大きなイメージダウンを招く

男性と女性、あなたはどちらが足の臭いがきついと思いますか?

男性と答えた方!大きな間違いですよ。足の臭いは女性の方がきついんです。たしかに夏場は素足にサンダルなのでそれほど足の臭いは気にならないかもしれません。しかし、冬場のブーツ、汗を吸収しづらいストッキングなど、女性のファッションは足の臭いの原因となるものが多いんです。

でも、世の中の男性は、女性の足はそれほど臭わないものだと思っている人が多いようです。中には、女の子の足は臭わない、もしくは臭うわけがないと、勝手に美化してしまっている殿方もいるようです。ですから、靴を脱いだとき足が臭かったりしたらもう大変!確実にイメージダウンは避けられません。

そこで今回は、気になる足の臭いを解消する具体的な対策についてお話します。これさえ知っておけば、もう彼の前で靴を脱いでも安心です。

●足の臭いの原因は汗と細菌

そもそも足の裏にはカラダのほかの部分よりも3〜10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて両足で1日にコップ1杯、約200ccの汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で99%が水です。したがって、基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。

臭いの原因となるのは、表皮ブドウ球菌やいわいるバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌です。これらの細菌が汗と一緒に流れ落ちた古い角質などの成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

とくに、ブーツやストッキングは通気性が悪く、高温多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。これが雑菌をより一層繁殖させ、臭いをさらに増強させるわけですが、足の蒸れは水虫の原因にもなるので注意が必要です。

このため、冬場など革靴を履く機会が多くなるときは、できるだけ天然の革靴を選ぶことをお勧めします。天然の革は、合成革に比べて通気性がよく、汗も吸収しやすいので足の蒸れをその分だけ軽減してくれます。

●これで完璧!足の臭い対策と解消方法

おそらく、一般的な足の臭い対策は次のようなものでしょう。

あなたがこのような足の臭い対策を実践しているなら、その方法はあまり意味がありません。むしろ余計に足の臭いを増強させています。

えっ!何がいけないの?と思うかもしれませんが、今すぐ!正しい足の臭い対策に切り替えてください。1週間もすれば、その効果の違いを実感されるはずです。

正しい足の臭い対策とは次のように行います。

【足を洗い清潔にする】

保湿成分が多いボディーシャンプーや石鹸を使わず、殺菌効果の高い固形石鹸、または素足専用シャンプーで足を洗ってください。保湿成分が含まれているシャンプーや石鹸を使うと、必要以上に足が保湿され靴の中で蒸れやすくなります。

また、足を洗うときは、指の間、かかと、くるぶしなどもしっかり洗うようにしてください。とくに、くるぶしの下あたりは垢が溜まりやすく、シャワーで体を洗い流したときの垢も付着しやすい部位です。この部位は、お風呂上がりの前に指で軽くこすって洗い流した方が、垢も柔らかくなっているので汚れも落としやすくなります。

【足の古い角質を落とす】

汗と一緒に流れ落ちた古い角質が細菌によって分解されるとあの嫌な臭いが発生します。普段から足専用シャンプーなどで足の手入れをしっかりして、足全体の古い角質を減らしておけば、足の臭いを抑えることができます。古くなった角質は、手で軽くこするだけで簡単に落とせます。必要以上に力を入れてゴシゴシせず、手で軽くマッサージするように擦るとよく落ちます。また、足が蒸れた状態になると、皮膚表面の古い角質はどんどん脱落して細菌による角質の分解が急激に進みます。こうなると臭いがより強くなるので、足の蒸れには十分に気をつけてください。

【足湯をする】

40度以上の熱めのお湯をはり、お酢をコップに一杯いれます。そのお湯の中に足を15分間浸します。これにより足の血行促進、細菌を抑える作用が働きます。また、とくに足の臭いが強い人は、お酢の代わりにお湯にミョウバン水を混ぜて足湯をすると効果的です。ミョウバン水の作り方については、「ミョウバン水で体臭対策は万全」で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてみてください。

【足の蒸れを避ける】

自宅ではできるだけ素足で過ごします。冬場など寒い季節は靴下を履いてもよいですが、暖かい季節はできるだけ素足で過ごすことで、足の蒸れを防ぎ臭いや水虫の発生を抑えることができます。可能であれば会社やオフィスでもスリッパやサンダルを履くなど、足への通気性をよくしてあげると効果的です。また、どうしても通気性の悪い靴を履かなければならない場合は、5本指ソックスをお勧めします。5本指ソックスは、靴下の布地が足の指の間にはさまる状態になるため、その分だけ足指の間がわずかながらに開きます。これにより、足指の間に発生する蒸れを大幅に防ぎ、足指の股部分が刺激され血行を促進する効果があります。

【靴のメンテナンス】

靴を脱いだら消臭・殺菌スプレーをしてシュードライを入れます。シュードライは抗菌作用があるため、臭いの素となる細菌を寄せ付けません。そのまま2日間放置したら、シュードライを外して木製シュートリーをはめ込みます。木製のシュートリーは、靴の型くずれを防ぎ、湿気や臭いを吸収するため靴を清潔に保ってくれます。また、靴のメンテナンスについては、「靴選びのポイントとお手入れの仕方」でも詳しくお話していますので、よろしければこちらも参考にしてみてください。

【靴を3足以上持つ】

靴のメンテナンスを行うには、少なくとも2日間必要です。また、メンテナンスを行わず、同じ靴を履き続けると靴の湿気が抜けきらず臭いの素になります。靴は1日履いたら2日間は休ませましょう。それには最低でも靴が3足必要になります。

【下駄箱の消臭と乾燥】

活性炭・生石灰などを使って常に消臭・乾燥させましょう。この際、新聞紙を敷いたり、トイレットペーパーを置くと効果的です。新聞紙やトイレットペーパーには除湿効果があり、下駄箱の湿気をちゃんと吸収してくれます。

なお、靴を乾燥させるとき、シュードライの代りにお菓子に入っているシリカゲルを使うのも良いでしょう。シリカゲルをそのまま袋ごと入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれます。しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。

以上が正しい足の臭い対策です。

足の臭い対策は、なによりもまず足を清潔に保つこと。そして、靴の中の蒸れた状態をなるべく短時間にして、細菌の増殖を抑えるのがコツです。また、どうしても通気性が良い靴を選べない場合は、靴の中に湿気のこもらない対策や除菌対策が有効です。足の臭い対策は、靴の除湿や除菌対策に少し気をつければ格段に効果が期待できます。

本来、汗を抑制する効果がある制汗剤を使ったり、殺菌作用のある除菌・消臭剤を使う場合、これまでお話した事が正しく実行されていなければ、さほど効果は期待できません。次の項目では、今までお話した事がきちんと実践されていることを前提として、足専用デオドラント商品を使う上でのポイントを説明します。

●デオドラント商品を使う前に自分の足をチェックする

より確実に足の臭いを解消したい人のために、即効性の高い、足専用シャンプーやデオドラント商品の選び方について説明します。

まずは、市販のデオドラント商品で足の臭い対策をする前に、現在の足の状態がどのようになっているのか、ご自身の目で確認してみてください。たとえば、素足のとき、靴を履いているとき、精神的なストレスを受けたときなど足の裏の状態は刻々と変化します。

その都度、自分の足の裏がどのように変化するのか。たとえば、足の裏に古い角質が溜まって白っぽくなっていないか、靴を履いたときどの程度の汗を搔くのか、自分で解る範囲のことを詳しくチェックしていきます。

とくに、足の裏全体がザラッとしてカサカサになり、白い粉が吹いたような状態になる角質増殖型水虫には注意してください。この症状が進むと、足の裏全体やかかとの角質層が厚くなり、靴を履いたとき汗と一緒に古い角質が脱落して雑菌が増殖しやすくなります。こうなると足の臭いはますます強くなり、靴を脱いだとたんに周囲に強烈な悪臭を放つことがあります。

もし、角質増殖型水虫が疑われる場合には、できるだけ早く病院へ行き適切な治療を受けられることをお勧めします。もちろん、この間は市販のデオドラント商品は一切使わず、常に足の裏を清潔にすることを心掛けてください。基本的に、足の裏に水虫など何らかの病状が現れている場合、デオドラント剤の使用は一切やめ、まずは治療に専念してください。

ここまでのチェックが終わったら、自分の足の状態に合わせて、実際にデオドラント商品を選んでいきます。具体的には次のような感じで選ぶとよいでしょう。

●足の裏の状態に合わせて選ぶデオドラント商品

デオドラント商品は、制汗タイプと消臭タイプの2種類があります。市販の商品などでは、制汗、消臭タイプが一緒になったデオドラント剤が売られてるようですが、私の経験では両方のタイプを使い分けた方が効果的な感じがします。

制汗・消臭の両方がミックスされたデオドラント剤は、制汗効果は高いけど消臭効果が低い、もしくは消臭効果は高いけど制汗効果が低いなど、なかなか都合のよい商品が見つからないものです。

そんなわけで、ここでは制汗タイプ、消臭タイプをその都度上手に使い分ける方法を説明したいと思います。

【足の裏にやたら汗を搔きやすい】

まず、足の裏にやたら汗を搔きやすい人、靴を履くとすぐに足の裏がグショグショになってしてしまう人は、制汗タイプのデオドラント剤をお勧めします。汗を抑えることができれば、古い角質が汗と一緒に脱落しなくなり、それを養分とする雑菌の繁殖を抑えることができます。最初の方で言いましたが、雑菌の繁殖を防ぐことができれば基本的に臭いは発生しません。

また、足の裏に汗を搔きやすい人が、湿った状態で除菌・消臭タイプの足専用デオドラント剤を使ってもあまり効果を発揮しません。まずは汗を抑えることが基本です。

【汗はあまり搔かないけど臭いが気になる】

靴を履いても比較的足の裏がサラッとしている人は、制汗タイプよりも除菌・消臭タイプの足専用デオドラント剤を使う方が効果的です。基本的に足の裏に汗をあまり搔かないのに足の臭いが気になる人は、入浴時など足の洗い方が悪いか、靴のお手入れの仕方が間違っている可能性が高いです。

こういう人は、靴の中で一時的に繁殖した雑菌を殺菌できれば臭いは解消しますので、制汗タイプよりも除菌・消臭タイプのデオドラント剤を使った方が効果的です。あとは、最初の方でお話したように、毎日の正しい素足ケアで足を清潔に保つことで臭いは劇的に解消していきます。

【制汗タイプ・消臭タイプを使い分ける】

汗を搔きやすい夏場や、ブーツなど通気性の悪い靴を履くことが多い冬場には、あまり汗を搔かない人でも足の裏は蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。場合によっては、制汗タイプ、消臭タイプを併用、もしくはその都度使い分けた方が、効果的に足の臭いを抑制することができます。季節や体調の変化など、そのときの状況に応じて上手にデオドラント剤を使い分けていきましょう。

●使い分けに便利な足専用デオドラント商品

今、あなたが読まれているこの記事は、ありがたいことに個人ブログやコスメ系サイトなど、さまざまなネット系メディアでも紹介して頂いております。そのためか、アクセスも順調に伸び、当サイトの中でも人気のページになっています。

このためなのか、広告を掲載してほしいという広告主様からのご依頼を頂いたり、スポンサー様からページにマッチしたデオドラント商品のサンプルレビューを掲載してほしいといったご依頼なども頂きます。

今回は、その中から実際にお客様の評判や口コミが多かったり、私個人がこれは絶対におススメ!と言えるデオドラント商品をいくつか紹介したいと思います。

【汗を抑えて臭いの素を断つ制汗タイプ】

まず、私がおススメするのは、制汗タイプの足専用デオドラント商品です。

手・足の汗を強力抑制!デトランスα

「デトランスα」は、「手のひら」と「足の裏」からの汗を抑制してくれるデオドラント商品です。先ほども言いましたが、基本的に汗そのものに臭いはありません。臭いは汗でふやけて柔らくなった古い角質などを養分とする雑菌の繁殖によって発生します。したがって、汗を抑えれば臭いは発生しないことになります。

足の裏は普通の人でコップ一杯、約200ccの汗を搔くと言われています。「デトランスα」は、汗を抑制することで靴の中での雑菌の繁殖を抑え、臭いの発生を防ぎます。その効果はお墨付きで、デオドラント系ネット販売の口コミでは、10日に1回の使用でも、制汗効果が持続したという方がいるくらいです。しかも、その方は多汗症で足汗にずっと悩まされていた方でした。

私もはじめて「デトランスα」を使ったときは衝撃的でした。よくある市販の制汗剤のように、なんとなく汗を抑えるというのではなく、「デトランスα」はピタッと汗が止まってしまうのです。おかげで、ブーツや革靴など、蒸れやすい靴を1日中履いていても、足の裏はずっとサラサラのまま。もちろん、臭いもありませんでした。むしろ、あまりにも強力なので、副作用を心配したくらいです。しかし、そのようなことも一切なく、今は月に数回程度ですが、問題なく使い続けています。

「デトランスα」は、多汗症で手や足の裏がグッショリ濡れてしまうタイプの人はもちろん、汗を搔きやすい季節、通気性の悪いブーツや革靴を履くときなど、1本持っているとすごく便利なアイテムです。多汗症手術などに高いお金を払う前に、まずは試しに1本だけでも使ってみる価値は十分あるかと思います。

【臭いの原因菌を殺菌する消臭タイプ】

次に私がおススメするのは、除菌・消臭タイプの足専用デオドラント商品です。

■靴・ブーツの臭いをシッカリ消臭!消臭ミストグリーンミスティ

「グリーンミスティ」は、芳香成分で悪臭をごまかすマスキング消臭とは違い、バイオ(生物酵素)で除菌・消臭をするため、臭いを素からとってくれます。彼の自宅へ上がるときや、飲み会などでお座敷に座るときなど、ちょっと足の臭いが気になるときにバッグに入れておくととても便利です。

また、最近人気のある足専用シャンプーを使って素足をケアするのもオススメです。足専用シャンプーは、足の臭いを防止するだけでなく、抗菌作用があるので水虫からも足を守ってくれます。おなじみのラブコスメティックにも、「すあしびじん」という足専用シャンプーがあるので紹介しておきます。

■気になる足の臭い対策に!足専用シャンプーすあしびじん

先ほどもお話しましたが、汗で流れた角質が細菌によって分解されると、あの嫌な足の臭いを発生させます。「すあしびじん」は、この角質をさっぱり洗い流してくれる足専用シャンプーで、いままで別々に行っていた臭いのケア、角質のケア、潤いのケアがこれ一本で出来るんです。

●私の裏技!足の臭い対策のエピソード

最後に、私の足の臭い対策のエピソードをお話しします。

話の中には、固有のデオドラント商品を使った私の感想が出てきますが、これはあくまでも私個人の感想です。一般的な意見ではないので、その旨ご了承いただいたうえで以降の記事をお読みください。また、当時の私は、このページで紹介している、「デトランスα」をまだ知りません。

数年前、私は肝臓を悪くして、体調を崩したことがあります。病院の先生からは、できるだけ安静にと言われていたのですが、思ったように休養が取れず、ストレスも頂点に達していたことがありました。

そんな中、気分転換も兼ねて友人宅へ遊びに行ったときのことです。車を運転して友人宅へ向かって走っていると、やけに足が浮腫んだ感じがして、そのうち足の裏がジメジメしてきました。体調を崩してストレスが溜まっていたせいでしょうか、足の裏の状態がいつもとはまるで違うのです。

私はどうにも足の臭いが気になって、通り掛かりのコンビニでトイレをお借りし、靴を脱いで臭いを確認してみることにしました。車の中で確認してもよかったのですが、人通りが多く、窓越しに覗かれると恥ずかしかったので、コンビニのトイレをお借りしました。そして、トイレに入り靴を脱いだ瞬間、「うわっ!」、と顔をそむけたくなるような強烈な悪臭が、すぐさまトイレ中に充満してしまったのです。

「こ、これはまずい!!」

そう思って、バッグからいつも持ち歩いている足専用のデオドラント剤を探しました。私は普段、「グリーンミスティ」というスプレータイプのデオドラント剤を常備しており、足の臭いが気になったときには、いつもこれを使っていました。

「グリーンミスティ」は足の臭いを消臭してくれるだけでなく、空気中の嫌な臭いもバイオの力でサッと解消してくれます。しかし、こんなときに限って、「グリーンミスティ」が見つかりません。どうやら、バッグに入れ忘れてしまったらしく、いくら探しても見つからないのです。

「どうしよう…これじゃ友達の家に行けない‥」

私は焦りましたが、冷静になってもう一度バッグの中を探すと、奥の方に白いチューブのようなものが見えてきました。よく見るとそれは、先日、商品レビューの依頼でスポンサー様から頂いた、「ラポマイン」というわきが専用のデオドラント剤でした。

「もう、これしかない!」

そう考え、私は思い切って「ラポマイン」を足に塗布してみることにしました。

まず、靴下を脱いで足全体の汗をウェットテッシュで拭き、「ラポマイン」を足指の間、足の裏全体にサッと塗り込んでいきます。「ラポマイン」はべとつかず、あっという間にサラサラになるので、塗った後すぐに靴下と靴を履いても大丈夫でした。

しかし、私はトイレ用消臭スプレーでトイレを消臭した後、靴下も靴も履かずに裸足で車へ戻りました。そしてすぐに、車に積んであるサンダルに履き替えました。というのも、あまりにもショッキングな臭いだったので、同じ靴下と靴を履くと、また足が臭くなってしまうと思ったからです。

それからおよそ15分くらいでしょうか。無事に友人宅へ到着しドアホンを鳴らすと、さとみ(高校時代からの友人)が明るい笑顔で出迎えてくれました。ただ、さっきのことがあったので、私は足の臭いを警戒しながら玄関へ入り靴を脱ぎました。この際、さりげなく臭いを嗅いでみましたが、とくに嫌な臭いはなく、足の裏もサラサラしていて、いつもの自分の足に戻ったような感じでした。

それから数時間、他愛もない話で会話も盛り上がり、外で一緒に食事をしたりしました。でも、その間も「足の臭い…大丈夫かな‥」、とそればかり気になって、正直、彼女との時間を心から楽しむことが出来ませんでした。

いよいよ食事も終わり、そろそろ帰ろうかなと思ったとき、さとみから私が玄関で靴を脱ぐときの様子が変だったことを指摘されました。ちょっとビクッッとしましたが、彼女はとても気さくで、私とは何でも話せる仲だったので、さっきの出来事を一切隠さず全部正直に話してみました。

すると、彼女は優しい笑顔で、「大変だったね。でも、さっき家で話してたときも、今もぜんぜん大丈夫だよ」、と言ってくれました。この彼女の言葉で私の緊張は一気にほぐれ、どういうわけか笑いと涙が同時に流れてきたのを覚えています。

それからしばらくの間、私の足の臭い対策の主役は「ラポマイン」になりました。

「ラポマイン」は、わきが専用のデオドラント剤なのですが、あの土壇場をすくってくれたのは「ラポマイン」ですし、何よりあれだけの短時間で、あの強烈な臭いを完全消臭してくれたデオドラント剤を今まで私はみたとがありません。

もちろん、「デトランスα」や「グリーンミスティ」も素晴らしいのですが、消臭の速さ、持続力という点では、「ラポマイン」が私には一番よく合っていました。

ちなみに「ラポマイン」についての詳しいレビューは、次のリンクの後半、「私が衝撃を受けたラポマイン」、で写真付きで詳しく掲載しています。

■わきが、脇汗、臭いの原因とその対策

現在、おかげさまで肝臓もよくなり、体調も回復したせいか、ストレスも減って足の裏に大量の汗を搔いたり、浮腫みなどの違和感はまったくなくなりました。そんな理由もあって、今では足の臭いを気にすることも少なくなり、私は「ラポマイン」を、脇の臭い対策と、足の臭い対策の両方に兼用して使っています。

正直、裏技というほどではないかもしれませんが、大事な場面で気になるときだけデオドラント剤を使いたいという人や、とにかく強力な消臭効果のあるデオドラント剤が欲しいという人は、私のような使い方もありかもしれませんよ。実際、脇と足でデオドラント剤を使い分けなくてすむので、バッグの中もかさばらず、コストパフォーマンスがとてもいいです。

あれから約1年と3ヵ月、わきが専用の「ラポマイン」を足の臭い対策として使っていますが、お肌のトラブルは一切なく、今でも問題なく使えています。

モテる女のプチ美容術−トップへ戻る

【脇の臭い対策 - ラポマイン】

Copyright (C) 2006 - 2013 モテる女の小悪魔な恋愛術 All rights reserved.
【免責事項】当サイトの利用に伴う損害に対して当サイトは一切責任を負いません。

モテる女の小悪魔な恋愛術−サイドメニュー
モテる女になる方法と条件
モテる女のプチ美容術
小悪魔な恋愛テクニック
小悪魔ヴィジュアルの秘密
小悪魔メイクの方法
恋愛相性診断チェック
恋愛アンケート集計
男心を読み取る心理分析
男心をくすぐるラブコスメ
モテ子のメールテクニック
デートで彼を射止める秘訣
恋バナ掲示板@2ch風
話題の人気恋愛サイト
スマートフォンサイト
お問い合わせ
トップページへ戻る
よく読まれているモテ記事
よく読まれている美容記事